売る方も買う方もおたくに任せたいに備えて

昨今、インターネットの普及によって誰でも情報を簡単に手に入れられる時代になりました。せっかく、希望の条件の不動産が見つかったのに見送ってしまった人や一歩遅くて他人にとられてしまった人はとても残念で申し訳なく思います。

不動産には、同じ物が2つと存在ましせん。道路付け、価格、面積、形、景色、日当り…など
「これだ!」という物件は、そうそうありません。これはお客様と我々業界人にとって、共通の悩みです。物件は常に足りていない。

お客様はどれだけ妥協出来るか?どれを良しとするか?購入決断の材料はこの内容に尽きるんだろうと思います。不幸な事に物件が売れる時というのは、お客様が重なる事が多い。自分がほしいものは他の人もほしかったりするものです。こちらはその物件の良さや希少さが理解出来るだけに残念です。
しかし、こちら側の反省点とすれば、お客様にご理解、ご納得して頂けるだけの材料、コミュニケーション、プロセス、スピード不足ということになります。お客様はいつか来るだろうその機会を逃がさないように【決断する力】を養う必要があると私どもは考えております。私達業者は日々多くの物件を見ていて立場は違えど、間違いなく目が肥えていることでしょう。

もしかしたら物件を見るポイントを押さえているのかもしれません。
多くのお客様は、限られた時間の中でしか見ることができませんので、ネットや郵送で資料請求をして図面を見てある・ないを判断してしまっていると思います。現地を見に行けば、図面に書かれていない発見が良くも悪くもあるはずです。現地を見てやっぱり図面通りだったなら、判断が正しかったことに気づき、また逆に印象がよかったら、発見したことになります。不動産は家電や洋服のように【生産】するものではありませんので…

ご希望に近い、数少ない物件が出た時に決断出来る判断力。それには、少しでも多くの物件をみておく事ではないでしょうか?現地をご案内の車中、現地での会話が私どもとお客様とのコミュニケーションが取れる唯一の時間です。 図面を眺めている時間より、現地を見れば、また新しい視点が持てたり、方向性を修正出来たりするかも知れません。同じ様な間取りでも、位置、ロケーションが変われば同じ物ではないからです。

当然、気に入らないものは買う必要はありませんが、将来、起こるであろうライフイベント(お子様のご入学、ご卒業、新車の購入、旅行、教育資金の増加)で忙しくなる前に、「今」買えることに最大のメリットがあることをご理解頂きたいと感じます。


会員登録する(無料)