施工順序

一区画ごとに必ず地盤調査を行ないます。
地盤調査は間取りが決まっていないと行えません。
調査結果によって改良が必要と判断すれば改良工事を行なっていきます。

写真は地盤調査が終わり、工事着工直後です。
木材が敷地を囲んでいます。これは遣り方(やりかた)と呼ばれ、建物の配置を決める為に使用します。

建物の配置を出したら、基礎を造りますが、コンクリートを打ち込む前に、基礎形状に合わせて掘り下げ地盤に石を含めての転圧作業を行います。これにより完成後の地盤沈下に備えます。

転圧の次は、地盤面からの湿気を防ぐため、防湿シートを全体に施し、捨てコンクリート作業を行ないます。捨てコンは、鉄筋や型枠に土が付着せず、また、鉄筋を並べる位置に印を付けてから配筋し基礎工事の精度を高めていきます。

枠をして、基礎配筋をしている写真です。
まだ、鉄筋の下に防湿シートと捨てコンクリートがクッキリと見えています。

配筋が終わり基礎完成までもう少しと言った状態の写真です。

 コンクリートを流した際に型枠が倒壊しないかを入念に確認し、配筋の組み方が悪いと基礎の強度が落ちてしまうので、抜かりなくチェックしています。

この時点で第3者の配筋検査を行います。 

基礎工事完了後の写真です。
コンクリートは型枠を外すタイミングが重要です。型枠を外すタイミングが早すぎると、、コンクリートの強度が落ちたり、ひび割れの原因となります。
弊社では入念な打合せをして型枠の解体を行いますので、白い綺麗な基礎が出来上がります。

土台敷き写真です。

基礎に土台と呼ばれる木材を乗せ、アンカーで固定します。
長く上に伸びた金具はホールダウン金物と呼ばれています。基礎と柱を固定します。アンカーボルト、ホールダウン金物を用いることで建物と基礎が一体化します。

基礎コンクリートと土台の間に敷かれた黒色のものが基礎パッキンです。
役割としては、床下通気口となります。
基礎コンクリートに通気口を設ける必要がなく、基礎自体が丈夫なものとなります。また、基礎通気口と違い、基礎形状に沿って、全体に通気口ができますので、均等に通風され、すみずみまで換気されます。
さらには、基礎と土台が直接触れ合わなくなりますので、水分の伝達をカットしてくれますので、土台が常に乾燥した状態を保てます。

床下からの気流が室内に侵入するのを防止する為に、床下断熱材を充填します。隙間なくで充填出来ているかどうかを大工さんが入念にチェックします。この後、床の下地材を張り付けますので、上棟時の作業も安全に行なっております。

床の下地の写真です。
一般的な根太は使わず、24mm厚(根太工法だと12mm厚)の構造用合板を使う剛床工法(根太レス工法)です。
根太工法と比べ、地震や台風などによる水平荷重に対して非常に強い耐性を持ちます。

棟上げ(上棟)の写真です。
住宅の骨組みを造る建築の花形でもあり、とても重要な段階となります。近年はプレカット材(工場加工)を用いますので、組立自体は昔より簡単になってはいますが、建物が歪んでいないかの確認をこの作業時に行なわないと、後では直せなくなります。
大工さんの目で歪みの確認をとり、調整を行ないます。

弊社では、木造軸組工法による建築です。
造り手の確かな技術も必要とされますので、時間やコストはそれなりに掛かってきますが、間取りの自由度、広い空間をとりやすいなど、実際の暮らしの中でのメリットに繋がる部分が多くあると考えています。

上棟後は屋根をかけます。
写真はルーフィングと呼ばれる部材で、雨水の侵入を防止します。
この下に野地板と呼ばれる下地材があります。下地材はルーフィングを施工する為と、屋根の仕上げ材を固定する役割があるので、野地板を濡らさないよう、ルーフィングが隙間なく施工出来ているかどうかを入念にチェックしています。

耐力壁の施工写真です。
点で耐力をだす軸組工法に枠組工法などで用いられる耐力面材を融合して、より強い家にしていきます。
天災に強いです。耐力壁には規定の釘ピッチがある為、耐力壁としての効果を発揮出来るように施工されているのかを確認しなければ、耐力壁として成立しません。釘ピッチの確認にも抜かりはありません。

充填式断熱材の施工写真です。
充填断熱と吹き付け断熱の2種類の方法があります。断熱材の品質としてはどちらも同レベルの物です。ただ、どちらの断熱材も隙間なく充填するという事が断熱材施工のポイントです。弊社のチェックは厳しいので、写真を見て頂ければお分かりの通り、しっかり施工出来ています。

壁紙を貼り、照明器具をつけて内部の工事が完成します。この段階で仕上がりの総チェックを行います。キズ、汚れ等があれば直して工事が完了となります。(お引渡しの前にはもう一度キズ等のチェックとお直しをしますので、ご安心ください。)


会員登録する(無料)