擁壁(ようへき)について

建物を支えるのは基礎や杭などですが、土地を支える壁、それが擁壁(ようへき)です。


「擁壁」とは、土地を支える壁のことです。「擁壁」には、斜面の崩壊を防止する役割があります。
住宅を支えるのは建物の基礎や杭などですが、その基礎を支えるのが地盤であり、そして、その地盤が崩れないよう支えるのが「擁壁」なんです。


会員登録する(無料)