ペットと一緒に暮らすなら当社にお任せ下さい!
(マンション)

当社は、八王子市内、日野市内のペット可マンションの位置をほとんど把握しております。
近年のペット需要の高まりは、少子高齢化や若年層の単身化などの影響もあってか、増えております。 不動産業界でも、賃貸・分譲に関わらず、需要があります。  今回は『ペット可物件』についてふれてみましょう。


ペット可物件の市場 

  犬・猫は外で飼うものという意識の強い日本では、まだまだ大半の物件がペット不可という状況です。 しかし、実際に飼われている犬や猫(特に猫)は室内で飼うパターンが多いようです。 
  近年のペットブームを背景にして、新築物件を中心にペット可の賃貸物件の数は増加傾向にありますが、まだまだ、物件が足りていないのが現状です。

つまり、ペットを飼っている人は多くいるが、物件供給はその数に追いついていない事がいえると思います。 どうしてペット可の物件は少ないのでしょうか。 その理由は、マンション全体で「ペット不可」として、その内容を「管理規約」に記されているからです。

ペット可物件は居住者にとってリスクは高いのか?

動物と一緒に集合住宅で暮らすことになる『ペット可物件』。 どのようなリスクがあるのでしょうか。
 
・建物(床、壁、)が傷みやすい
  床、柱、壁などの引っかいた痕、配水管やベランダの排水溝に詰まったペットの毛などが考えられます。
 
・ペットの鳴き声・臭いによる近隣クレーム

小型犬や猫の鳴き声は思っている以上に響きます。また、ハムスターの滑車を回す音も木造で古い物件でしたらきこえるかもしれません。(※ハムスターは夜行性です) 
ペットの臭いは、独特ですから苦手な人もいることでしょう。 エレベーターや共有部分の廊下などはともすると狭い密閉空間となっていますから、ペットの体臭、排泄物の臭いが染み付きやすい事が想定されます。
 
・入居者同士の嗜好の違い(たとえば猫派、犬派など)によるトラブル

   ペット可の賃貸物件だったからとといっても、その物件の住人すべてがペット好きとは限りません。 ペットを全く受け付けない人もいるでしょうし、犬を怖がっている人にとっては、犬が尻尾をふって近づいてくるだけでも、『噛まれるんじゃないか』と考えてしまうことが多いものです。 では、入居率をアップさせる付加価値をつけるため『ペット可』として運営するには どうしたらよいのでしょうか?

ペット可物件の主な例

・ペットの種類、個体数、大きさを制限に制限がある。

   ペット可物件は「ペットを飼うことができる」ことになりますが、ペット=犬・猫とは限りません。ウサギやサル、フェレット、爬虫類・・・・・・とその種類はさまざまです。 ペット可で入居者を募集する場合は、予めその物件で飼ってよいペットの種類を定められております。

また、種類(柴犬やミニチュアダックス)、大きさ、個体数など、物件によって飼育可能か不可か、細かく設定している物件とそうでない物件があります。
たとえばチワワは良くてもハスキーはダメ(ペットの大きさ)、犬・猫は1頭まで(個体数)、などです。 あくまでもごく一部ですが、動物好きの借主が『ペットを飼うことのモラル』が低いことが原因で飼っていたペットが繁殖を繰り返し飼育できない状態(多頭崩壊といわれています。)に陥ることを防ぐ役割にもなります。

以上のような理由から、「ペット可」の物件は大変限られており、マンションが建築された時から「ペット可」「ペット不可」が定められております。
途中から「ペット可」になることは、管理規約自体を変更することになる為、変更される可能性はゼロではありませんが、可能性は極めて低いです。


会員登録する(無料)