不動産購入における取引の流れ

新しいお家を購入したい!土地を探してマイホームを建てたい!駅近のマンションで新生活をスタートしたい!不動産の購入には様々なご希望条件があり、お客様一人一人の必要とされる生活環境も異なります。では、それらの希望を叶えるには実際どの様な流れで購入までたどりつくのでしょうか。
ここでは、注意点も含めながら一つ一つの流れを見ていきましょう。

①希望の条件を整える

○希望の地域・・・沿線や最寄駅、お子様の学区域などご希望の地域を決めます。
○物件の種類・・・土地付の新築一戸建て、ハイグレードな建物の中古戸建て、駅近のマンション、マイホーム建築の為の土地探しなどご希望の物件を決めます。
○希望の予算・・・預貯金の額、住宅ローンの借入可能額、住宅ローンを組んだ際の月々支払い額など物件購入に必要とされる金額や、月々の返済額のおおよその計画を建てて、ご希望の予算を決めます。

注)具体的な物件が決まっていなくても、現在の収入等から住宅ローンの借入可能額や、月々の支払い額を把握する事ができます。金融機関によって金利や諸費用も様々です。信頼のおける不動産会社等でローンシュミレーションのご相談をされて、実際に借入できる金額や、月々の支払い額を定めた上で物件探しをされることが現実的で的確な購入への近道だと思われます。 

②物件を探す

インターネットでの物件検索、新聞折り込みの広告、ポスティングチラシ、不動産業者からの紹介等から希望条件にあった物件を探し、いくつか候補を決めます。

③物件を見学する

候補にあげた物件を実際に見学します。土地を購入希望の方は、周辺の環境や道路との高低差、ライフライン等を良く確認し、ご希望の建物プランにあったものかどうか、戸建てやマンションを購入希望の方は室内の造りや、仕様設備など細かい部分まで良く確認し、少しづつ絞り込んでいきましょう。この際、信頼のおけるハウスメーカーや不動産業者等専門家の意見を参考にしながら進めて下さい。
不動産売買は高額なお買い物であるがゆえに、決まりごともたくさんあります。個人の判断で思っていたことが実際はできなかったり、思っていたことと違う結果になったりすることがありますので、必ず専門家に確認しながら慎重に進めていきましょう。 

④資金計画を具体化させる

購入希望の物件がある程度絞れてきたら、資金計画を具体化させていきましょう。
実際の物件価格の他に必要となる諸経費の金額や、住宅ローンの毎月返済額等も試算しておきます。

これは、物件探しと並行して進めておくことができますので、いよいよ購入となった時、流れをスムーズに進行させる為にも確認しておくことが大切です。

注1)住宅ローンを組む金融機関によって、諸費用の額や金利が 異なり 、月々の返済額も変わってきます。
いくつかの金融機関を調べて、条件にあった所を確認しておきましょう。 

注2)購入したい物件が見つかり、売買契約を結ぶ際に売主に対して、手付金という契約金を支払います。
一般的には物件価格の10%から20%程度の額になりますが、これは売買代金に充当となりますので、契約日が決まったら準備しておきましょう。

⑤購入の申込みをする

希望条件の物件が見つかり、購入が決まったら購入の申し込みをします。
この際、売主である不動産会社か、販売代理をしている不動産会社に書面で行うのが一般的です。

⑥重要事項の説明を受け、売買契約を結ぶ

購入の申込みをした不動産会社の宅地建物取引士から、購入物件に関する重要事項の説明を受けます。
説明内容を良く理解され納得ができたら、売主との売買契約を結びます。売買契約を結ぶにあたっても契約内容をしっかり確認しておきましょう。またこの時、④の注意事項でも述べた手付金の支払いをしますので、予め用意しておくことも必要です。 

注)⑤と⑥に並行し住宅ローンを利用する場合は、金融機関と保証会社に審査を受けて、融資の承認を受ける必要があります。

⑦住宅ローンの契約をする

住宅ローンを利用する場合は、売買契約を結んだ後、金融機関との間で正式に融資を受ける為の契約(金銭消費貸借契約)を結びます。

⑧残金決済と引き渡し

引き渡しの準備が全て整ったところで、物件の残代金を支払います。同時に売主から物件の引き渡しを受けて、不動産登記の手続きを行います。それぞれの確認ができたところで全て終了となり、夢のマイホームがあなたのものになります! 


会員登録する(無料)