中古住宅購入のすすめ

中古を買うより、新築の方が断然いい、よく聞く言葉です。
しかし、よく考えてみてください、将来を見据えて「終の棲家」を探すのは、いささか無理がありませんか?

日々刻々変化する社会情勢
進むスピードが早い今の世の中で、20年後、30年後の自分や家族にとって、
新築マンションがいいのか、新築戸建がいいのか「今」選べますか?
そうであれば、まずはこの10年の自分達のライフスタイルにあったマイホームを購入されてはいかがでしょうか。

中古住宅の方が、お手頃に買えるんです。
リフォームに少々お金がかかるけれども、ほかにはない自分好みのマイホーム。
主に30歳前後の皆さん、一人暮らしや結婚のタイミングでの中古マンション購入や中古戸建の提案です。

こんな方におすすめ

たとえば、借り入れ限度額が2000万円以下の方、無理して新築を探していませんか? 
無理は後にたたりますので、古くても安く買える中古がおすすめです。
古い建物はどうも不安だとお思いでしょう。確かに、構造的な問題で
倒壊したらどうしよう・・・
考えたらきりがありません。
古い建物には、新築にはない、味わいがあるんです。少々気になるところも凌駕する
それが、中古の良さです。
気になる古い部分はリフォームをすればいいのではないでしょうか。

近年、空き家対策の一環として中古市場を活性化させようと政府の動きもあり、
中古住宅の取引は年々増加しております。

築20年を超えた物件は10年間住んで売ったとしても、
新築戸建のように住んだ瞬間に2割3割下がるという可能性は極めて低い為、
買った時とそうかわらない価格で売れる可能性もあるんです。
また、好立地であれば貸すこともできて、リフォーム済であれば家賃も
高くなる可能性があります。

こんな返し方はいかがでしょうか。
たとえば、2000万円の中古住宅を35年のローンで金利1%だったとします。
そうすると、月々56457円のお支払です。

この金額なら、旦那さんお一人でも支払っていけますよね? そこで、住宅購入後、奥様も1年に一回だけ100万円(月に8万円貯める)ずつ繰り上げ返済を10年間(10回)すると、こうなります。

10年後の元金は約600万円 
上記で述べたように、急激な相場変動は無いとは言えませんが、可能性はかなり低い。仮に購入時より2割下がって1600万円で売れた場合、手元には約1000万円の現金が残る仕組みです。

これを頭金にして、10年後に新築を購入するか、自分で建てるかを選ぶことが出来ます。

今、買うことを諦めて、お金を貯めてから買おう・・・そんな決断をした方も正解だと思います。
しかし、今、買っておけば、次に買うときはこうしよう!ああしよう!
に気が付くはずです。
人生で不動産を2回買う。こんなことは想像もしなかったでしょう。
でも、これは実現するのです。

中古一戸建ての価格は、土地価格+建物価格

中古一戸建ての価格設定は、基本的に土地価格で決まります。
たとえば、土地が1500万円だった場合、建物は300万円~500万円といったように、土地の価格ほど高くはなりません。
建物は築年数とともに価値が減少していき、いずれは(だいたい20年くらい)でほぼゼロになってしまいます。 

一方、新築住宅は、住んだ瞬間から中古となりますので、売却の際は2割~3割の値べりは仕方がないことです。

下の図をご覧ください、中古住宅を買った時と、新築住宅を買ったときの値べりについて記されております。

住みたいエリアに物件を探すことことも中古住宅なら可能


新築住宅や土地を探していて、住みたいエリアに物件が無い!
そんな場合は、中古住宅に切り替えると比較的容易に探せます。

土地を新たに生み出すには、海を埋め立てるか、偶然出てきた土地を誰よりも先に買わなければいけません。そのため、住環境の整った住宅地では、出てくる土地や新築も限られてきます。また、出てきたとしても、価格が予算と合うかどうかの保証はありません。
そんなことでは、いくら待っても買えません。

一方、中古住宅は、立地条件のいい市街地、交通の便がいいエリアでも物件が存在します。


中古住宅だから可能なわけ

①土地代+建物代で買える 
 新築と比べると出ていく金額は大きく違う

②思い通りのエリアに住むことが出来る

③リフォームをすれば、自分好みの家にすることが出来る、また、将来は建て替えも可能


会員登録する(無料)